Shu's Blog

とある人間のブログ

無人島生活 - あつまれ どうぶつの森

"あつまれ どうぶつの森" を買いました.

英語版のサブタイトル, "New Horizons" なんですね. Animal Crossing は ARMORED CORE とおなじ頭文字ですが, アーマードコアのサブタイトルでも違和感がなくて笑ってしまいました.

f:id:shuilex:20200321192439j:plain
Animal Crossing: New Horizons

レビューは例によっていろいろなサイトでされていると思うので本格的にはやりませんが, 気付いたことなど書いておこうと思います.

ちなみに私のどうぶつの森プレイ歴は, 本編は DS "おいでよ" のみ, スピンオフも iOS/Android "ポケットキャンプ" のみです. なので, "街へいこうよ" や "とびだせ" の新機能を知らないので, すでに実装されている内容で驚いているかもしれませんが, ご了承くださいませ.

新しいこと

性別, 肌の色

キャラクタークリエイトは従来通りでした. が, 性別や肌の色も後から変更可能になっているようですね.

髪型などを変えるには鏡系のアイテムを使いますが, そのときに性別や肌の色も同じ感覚で変えられるようになっています.

性別に関してはもともと装備可能アイテムの制限もありませんし, "女装" していても驚かれなくなったという情報もあったので, 一応選ばせるものの特に意味のある選択肢ではない感じですね1 (なら存在しなくてもいいのでは? とも思いましたが).

ちなみに蜂に刺された状態で話しかけたときは同じように驚かれました.

オートセーブ

ポケットキャンプもそうでしたが, 基本的にオートセーブです. なのでリセットさんは出なくなりました...

ゲームを終わるときにベッドで寝る必要もなく, いつでもどこでもメニューから終了することができます.

割とロードが長い印象があるのですが, ゼルダのようにアップデートで解消されたりするでしょうか.

写真

これもポケットキャンプでありましたが, スイッチ本体のスクショ機能とは別に, ゲーム内でもスクショが撮れるようになっています.

位置を調整する機能やズームイン/ズームアウト, いろいろなフレームやフィルターをかけたりもできますし, ゲーム内ポイント "マイル" ももらえたりするので, ゲーム内でスクショした方がお得だったりしますね.

f:id:shuilex:20200321192450j:plain
フレームとフィルターをかけてスクショしてみました.

ちなみにゲーム内アイテムであるスマートフォンを使えるときしかできないので, 魚を釣り上げたときなどはスイッチ本体の方を使うことになります.

無人島

無人島なので最初は博物館がありません. 博物館ができるまで 2 日はかかるので, そのあいだ魚や虫がどんどん溜まっていきます...

が, 今回は広場を除いて島のすべての場所にアイテムを飾ることができるので, (見栄えは悪くなるものの) 持ちきれなくなったアイテムは適当に置いておくことができます. 消滅もしないので便利です (メモリ管理とかどうなっているんでしょう?).

ちなみに, 魚や虫も後述の収納にしまうことができるようになっています. これも嬉しいポイントです.

マイルシステム

従来の通貨 "ベル" とは別に, たぬき経済圏 (から出られませんが) でのみ通用するポイント "マイル" があります.

スマートフォン (アイテム) に表示されるさまざまなミニチャレンジをクリアすると貰えるもので, アイテムと交換したり, 重要なところでは便利機能の解放に必要だったりします. 初回のローン返済にも使うことができました (2 回目以降はベルのみ).

f:id:shuilex:20200321192444j:plain
い つ も の

マイルを貰うためのチャレンジはポケットキャンプの "しずえチャレンジ" に近い感覚ですね.

ポケモン GO → ピカブイでもボールシステムなどの導入がありましたし, iOS/Android 用スピンオフ由来の機能を本編シリーズに実装, というのがひとつトレンドかもしれません.

収納システム

いまのところタンス系アイテム (収納領域があるもの) を見かけていないのでおそらく廃止されていて, 代わりに家本体に収納機能が付くようになりました.

家の中にいるときはボタンひとつで開けるようになっています. これもポケットキャンプに近い操作感です.

最初からそこそこの容量がありますが, もちろんすぐに足りなくなりそうなので, 家の増築で増やせたりするのでしょうか...?

変わらないこと

いろいろ新機能はありますがプレイ感は DS 版 "おいでよ" (や, おそらく 3DS "とびだせ" なども) に近く, とても懐かしいです.

大きな魚影を見つけたと思ったらスズキやブラックバスでがっかりしたり, 深夜にタランチュラに追いかけ回されたり... と, ポケットキャンプでは簡略化されていた要素もしっかりしています.

私はシリーズ他作品をプレイしていないので馴染みがないものもありますがが, とたけけ, フータ, ゆうたろうやジョニーなども登場.

特にとたけけはあまり会えないイメージがありましたが, 今回は (島には現れないものの) プレイ開始直後にセリフがあり嬉しいポイントですね.

まだまだ

上旬に発売された救助隊 DX も全然進んでいませんが, どちらもまだまだやることがあるので楽しんでいきたいです.

今年のスイッチはいまのところ他に大作の予定があまりないので, しばらくは救助隊とあつ森に専念できますね. 夏までにはソード/シールドのエキスパンション第 1 弾がスタートするので, それまではスローライフを満喫しようと思います.

f:id:shuilex:20200321192454j:plain
どうせスズキでしょ〜〜と思っていたら, リュウグウノツカイでびっくりしました.


Twitter: @shuilex - ツイートしたりしなかったりします.

サイト Shu's Website もよろしくです.


  1. 女の子にしているのですが, つぶきち (まめきち?) からハートの壁紙とスカートを貰いました. 性別の設定でこのあたりのアイテムが決まる可能性はありますね.